コンシェルジュがみた!会場選びお役立ちレポート

  • 投稿記事詳細

    知っておきたいウェディングフォトのこと その種類や手配のしかた

    投稿日:2023-01-06 / カテゴリー:

    こんにちは、ハマ婚なび・コンシェルジュです!

     

    結婚式の記念として手元に残る数少ないアイテムが写真です。今や必須のアイテムともいえるウェディングフォトはしっかりこだわりたいと考える花嫁さんも多いはず。撮影の種類や手配方法、ゲストへのシェアのしかたについて見ていきましょう。

    結婚式の写真の種類

    結婚式の写真には大きく分けて2つの種類があります。

    1. 記念写真(スタジオ写真、フォーマル写真)

    被写体にポーズをつけて撮影する写真です。新郎新婦の2ショットや1ショット、親族集合写真を撮影し、六切りや四切りサイズでプリントしたものを台紙に入れた形で納品されます。データ(フィルム)は納品されないのが基本ですが、別途買取りが可能な場合もあります。

     

    写真室がある会場はその中で、ない会場はエントランスやチャペル内など適切な場所を設定してそこで撮影されます。フラッシュやひな壇を用意して、しっかり撮影することが多いのですが、ナチュラルな雰囲気の会場などでは、ガーデンやチャペル前などの屋外を撮影スポットにしていることもあります。

    フォトウェディング スタジオ撮影 ハマ婚なび

    2. スナップ写真

    カメラマンが新郎新婦を中心に挙式や披露宴を撮影する写真です。記念写真のようなポーズをつけたカットだけでなく、新郎新婦の自然な表情や、ゲストの様子も撮影します。

     

    ヘアメイクが仕上がったところから披露宴後のゲストのお見送りまでの撮影を行うのが一般的。ガーデンやチャペルなど、会場内のいろいろなスポットでのロケーション撮影が組み込まれているケースも多いです。

    ロケーションフォト 横浜大さん橋 ハマ婚なびロケーションフォト 横浜大さん橋ナイトウェディング ハマ婚なび

    撮影したデータを基本として、選りすぐりの写真をまとめたアルバムを制作するプランでは、アルバムのデザインやカット数によって価格もさまざまです。複数のカメラマンが同時に撮影するプランもあり、より多彩なカットを残すことができます。

    フォトウェディングアルバム ハマ婚なび

    3. 前撮り(フォトウェディング)

    結婚式とは別の日(多くは事前)に写真撮影を行うのが「前撮り」です。ウェディング当日はスケジュールが詰まっていたり、別のカップルもいたりするため、写真撮影にあまり時間をかけられませんが、前撮りならよりよい表情を、じっくりと時間をかけて残すことができます。

     

    結婚式当日は洋装のみ、和装は写真のみ撮影するといった利用もできます。挙式や披露宴を行わず、写真撮影だけを行う「フォト ウェディング」も一般的になりました。

    ロケーションフォト 三渓園竹林 ハマ婚なび

    前撮りは記念写真、スナップのどちらの形式でも行われています。スタジオで撮る記念写真は比較的リーズナブルで、会場とは別のスタジオを利用して和装などの撮影を行うカップルも。ロケーション撮影の場合は場所代や出張費が含まれた金額が提示されるケースがほとんどです。人気の撮影場所ではカップルが順番待ちをしているような様子も見受けられます。

    結婚式の写真の手配やシェアのしかた

    会場で依頼するのが最も確実でラクな方法です。光の入り方など、会場のことをよく把握したカメラマンが撮影してくれます。写真室がある会場の場合、そこは会場専属のカメラマンしか撮影できないのが基本なので、記念写真は会場に依頼することになります。

     

    スナップ撮影は持ち込みカメラマンに依頼できる場合もありますが、事前に必ずロケハン(下見)に行ってもらうようにしましょう。場所の確認はもちろんですが、それ以上に会場の撮影ルールの確認をしてもらうことが目的です。特に挙式の最中の撮影についてはいろいろなルールが設けられていることも。それをしっかり踏まえて撮影してもらうようにすることが大切です。

     

    せっかく撮った写真、周囲の皆さんにもシェアしたいのではないでしょうか?最近はプリントではなくデータの納品が主流なので、WEBアルバムのような形でゲストに見ていただくのが最も手軽な方法かもしれません。たくさんの写真を見ていただくこともできます。

     

    親族集合写真を撮影したら、ご親族には1家族に1部ずつ紙の台紙に写真を入れたものを配りましょう。皆さんのお家にもご親族の結婚写真が何枚かあるのではないでしょうか?データでお渡しするのも手軽でいいのですが、ご年配の方にはうまく見ることができない方もいるかもしれません。永く習慣として続いてきたことですし、マナーと考えて用意をするのがおすすめです。

    六切り台紙アルバム ハマ婚なび

    結婚式の写真は、自分たちのためであることはもちろんですが、両親や祖父母の方々、そして将来の家族の記念にもなるアイテムです。後から撮影することもできませんから、打ち合わせの際に充分に検討して内容を決めましょう。

     

    ハマ婚なびの系列スタジオ「Momona」は衣裳にもこだわってウェディングフォトを撮影していただけます。横浜や鎌倉の素敵なロケーションでの撮影も可能。私たちハマ婚なびでは結婚式場と合わせてスタジオのメニューについてもご案内が可能ですので、総合的に検討したい方はぜひご相談にお越しくださいね。

     

    横浜花嫁の結婚式場探しは

    地元密着の「ハマ婚なび」へ!

    一覧に戻る
  • カテゴリー

    アーカイブ