コンシェルジュがみた!会場選びお役立ちレポート

  • 投稿記事詳細

    両家顔合わせの内容とコツは?厳選のおすすめ会場もご紹介

    投稿日:2022-07-08 / カテゴリー: 結婚手続き一覧 

    こんにちは、ハマ婚なび・コンシェルジュです!

    結婚を決めたら結婚式の前にするのが両家の顔合わせ。結納式や会食など、いろいろなパターンがあるので内容はカップルによって様々です。親に挨拶に行った際に「結納は?」と聞かれてはじめて考える人もいるかもしれません。両家顔合わせの詳しい内容と、おすすめの会場をご紹介します。


    目次

    両家顔合わせの内容とコツは?厳選のおすすめ会場もご紹介

    両家顔合わせ、結納とは?

    参加者は?

    参加者の服装は?

    両家顔合わせ、結納でやっておきたいこと

    コンシェルジュ厳選!おすすめの会食会場

    ホテル

    料亭・レストラン


    両家顔合わせ、結納とは?

    「両家顔合わせ」とは、新郎と新婦の家族が顔を合わせる集まりのこと。元来は「結納」として行っていたものなので、実際に初めて顔を合わせるわけではなく、儀式的に行う集まりと言っていいでしょう。

    両家顔合わせは2つのパターンに分けられます。

    ・結納式+会食
    ・会食のみ

    結納は婚約の印として結納品や結納金を用意し、相手に贈ることです。かつての正式な結納は、仲人が両家を行き来して結納品を取り交わしていましたが、その後、両家が一カ所に集まって結納を取り交わす略式の結納が一般敵になりました。結納の後には会食が行われていましたが、徐々に結納を行わずに会食だけを行うケースも増えてきたわけです。

    結納についてもう少し詳しく説明しておきましょう。結納は地域によって方法や形式に違いがあり、大きく関東式と関西式に分けられます。関東式は、両家がそれぞれ結納品や結納金を用意し、交換します。関西式は基本的に男性側(婿入りの場合は女性側)が結納品や結納金を用意し、相手側に贈ります。納められた結納品は、挙式の日まで家の床の間などに飾っておきます。
    ハマ婚なび 両家顔合わせの内容とコツとは?厳選のお勧め会場もご紹介

    参加者は?

    本人と両家の親が基本。そこにきょうだいとその家族、祖父母らが参加することもあります。実家が遠方の場合などは全員が集まることが難しいので、顔合わせは本人と親での集まりにして、きょうだいや祖父母には帰省の際などの挨拶で済ませるのも1つの方法。両家それぞれに考えもあるでしょうから、事前に話し合って参加者を決めましょう。

     

    参加者の服装は?

    一般的に、結納式や顔合わせ会食には本人も親も略礼装で臨みます。男性はダークスーツ、女性は洋装ならフォーマルなスーツかワンピース、和装なら訪問着、振袖などがふさわしい服装です。振袖は、未婚女性だけに許された正装なので、新婦がもし和装を考えているならぜひ振袖を着ておくことをおすすめします。

     

    会場となる場所によってもふさわしい服装は変わります。ホテルや格式ある料亭、レストランならフォーマルに、堅苦しくない雰囲気のレストランなら多少カジュアルダウンしても構いません。大切なのは両家の服装の格を合わせること。座敷か椅子席かなど、その日の動きも考慮しながら、事前に相談しておきましょう。

     

    両家顔合わせ、結納でやっておきたいこと

    顔合わせの場は、両家が挨拶を交わし、親睦を深めることはもちろんですが、結婚式について両家で話し合う機会にもなります。結婚式をするかどうか、するなら結婚式の内容や予算のことなど、両家が揃って相談する機会は意外と少ないんです。お互いに考えや意見を持ち寄って、両家の正式な話し合いの場とするのがおすすめです。

     

    最近は結納品の授受をしないケースのほうが多いかもしれませんが、互いに婚約記念品(女性には婚約指輪、男性には時計やスーツなど)の交換を儀式として行ってみては? 既に贈られているエンゲージリングでも、ケースに入れて持参し、家族の見守る中で彼に指にはめてもらうんです。結納用の指輪の台や目録なども販売されているので、それを活用してもいいでしょう。

     

    結納品に含まれるものに家族書があります。これは相手の家族構成を知るのにとても便利なもの。特に本人と親だけの顔合わせでは、きょうだいや祖父母とは会うことができません。お互いに書面にして紹介し合っておくのがおすすめです。最近は「顔合わせのしおり」として家族書をより楽しくしたものを用意するケースが増えています。会話のきっかけにもなって一石二鳥ですね。

     

    そして、せっかくの記念の日ですからぜひみんなで記念撮影を。ホテルなどには館内に写真スタジオもあるはずですから、きちんとプロに撮ってもらうのもいい記念になります。もちろん、スマホでの撮影でもOK。床の間の前など背景が美しい場所で撮ってみてください。

     

    コンシェルジュ厳選!おすすめの会食会場

    顔合わせの会場にはホテルや結婚式場の小部屋、料亭、レストランなどが利用されています。顔合わせのためのプランを用意しているところも多く、結婚式の予約を入れた会場で、料理の試食も兼ねて行うことも。ここではハマ婚なびコンシェルジュ厳選の会場をご紹介します。

     

    ホテル

    実家が遠方の場合も宿泊を含めて利用できるホテル。結納式の進行にも慣れており、結納品の手配なども請け負ってくれることが多いので、安心しておまかせできるはずです。

     

    ホテルニューグランド

    横浜の異国情緒を形づくる中心的存在「ホテルニューグランド」。横浜市認定歴史的建造物、経済産業省「近代化産業遺産」に認定され、創業当時から横浜のランドマークとして親しまれてきたホテルです。

    ホテルニューグランドではホテル内の京料理やフレンチレストランの個室などで結納や顔合わせ会食を行うことができます。歴史あるクラシカルなロビーや、ヨコハマビューのスポットも豊富。遠方に暮らす親御さんやご家族には旅の楽しみも感じていただけるのではないでしょうか。

    両家顔合わせの内容とコツとは?ホテルニューグランド 横浜n

    ローズホテル横浜

    1959年にオープンした中国料理の名店「重慶飯店」を母体に、1981年に開業した「ローズホテル横浜」。横浜中華街の歴史をつくってきたシンボル的なホテルです。

    ローズホテル横浜ではホテルや重慶飯店新館の個室で結納や顔合わせ会食を行うことができます。極上の中国料理に舌鼓を打ちながらの顔合わせなら、会話も弾み、両家の距離もぐっと縮まるはずです。

    両家顔合わせの内容とコツは?ローズホテル横浜 width=

    料亭・レストラン

    初めての対面でも美味しい料理があれば話も弾む。地元の名店なら味の信頼度も抜群です。個室を備えたお店なら大切な会食の場にもぴったりです。

    霧笛楼

    元町の裏路地に佇む白亜の洋館「霧笛楼」。洋館の佇まいの外観に、開港後に賑わった料亭をイメージした内装や調度品、器と、こだわって造られた空間が広がります。

    伝統的なフランス料理に和のテイストを融合させ、地産食材を中心に四季折々の旬の食材の美味しさを引き出した「横濱フレンチ」の料理を、横浜らしい絵が描かれたお皿で華やかに提供。目でも舌でも楽しめる料理を楽しみながらの顔合わせは、両家の新たな思い出に。両家顔合わせの内容とコツは?霧笛楼

    横浜うかい亭

    明治時代のオランダ貿易商の迎賓館をイメージした「横浜うかい亭」は、極上の鉄板料理を優雅な空間で味わえるレストラン。鉄板を前に繰り広げられるシェフの技、お店自慢の特選牛や新鮮な魚介類の調理される香りや音といったエンターテインメント性も兼ね備えています。

    顔合わせなら落ち着いた趣の鉄板席で。邸宅を囲む美しい庭園を眺めながら、新たな家族と非日常のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

    両家顔合わせの内容とコツは?横浜うかい亭

    華正樓鎌倉店

    ​昭和14年(1939年)創業の中国料理の名店「華正樓 鎌倉店」。料理人の技と厳選された素材によるあっさりとした上品な味付けの中国料理が堪能できます。旧華族の別荘だったという純和風の建物には湘南の海や美しい庭園が見える個室は特別な日にふさわしい佇まいです。

    華正樓のある長谷周辺には国宝・鎌倉大仏が鎮座する高徳院や、アジサイや紅葉が美しい長谷寺など鎌倉の代表的な観光スポットがたくさん。会食後に両家で揃って近くを散策するのもいいかもしれません。

     

    ーーーーー

     

    横浜の結婚式場探しは

    地元密着の「ハマ婚なび」へ!

     

    HP(お問合せはこちら)

     

     

    一覧に戻る
  • カテゴリー

    アーカイブ