コンシェルジュがみた!会場選びお役立ちレポート

  • 投稿記事詳細

    ウェディングブーケはどう決める? 種類や由来、打ち合わせのポイントを解説

    投稿日:2022-05-13 / カテゴリー: 準備・打ち合わせ 

    ウェディングブーケは花嫁の象徴。結婚式に欠かせない重要なアイテムのひとつ。花嫁のイメージを左右するので、気を抜かずに用意したいですよね。ブーケが持つイメージをタイプ別にご紹介。ドレスとの相性や打ち合わせのポイントもお伝えします。

    こんにちは、横濱結婚式・コンシェルジュです!

     

    ウェディングブーケは花嫁の象徴。結婚式に欠かせない重要なアイテムのひとつです。花嫁が必ず持つものであると同時に、そのイメージを左右するものでもあるので、気を抜かずに用意したいですよね。ブーケが持つイメージをタイプ別にご紹介。ドレスとの相性や打ち合わせのポイントもお伝えします。

     

    <目次>

    目次

    ウェディングブーケの由来とは

    ブーケの種類と特徴を徹底解説

    ラウンドブーケ

    キャスケードブーケ

    オーバルブーケ

    クラッチブーケ

    アームブーケ

    クレセントブーケ

    ボールブーケ&バッグブーケ

    ブートニア

    成功するブーケの打ち合わせのポイント

     

    ウェディングブーケの由来とは

    昔、男性が愛する女性のもとへ行く途中に、野に咲いた花を摘んで花束にし、それを女性に手渡し捧げた……それが花嫁のブーケの始まりだと言われています。そして、女性がその花束の一輪を、愛を受け入れた証として男性の胸に挿したのがブートニアなのだそうです。ブーケとブートニアはお揃いの花でつくるのが基本なのですが、それはこの由来からきています。

    ラウンドブーケ

    真ん丸な、かわいらしい印象のブーケ。流行りすたりがなく、どんなドレスにもどんな時代にも人気なウェディングブーケの基本スタイルです。

     

    使用する花によってイメージも変化がつけられますが、特にキュートなイメージにしたい花嫁にぴったりです。ボリューム感のあるドレスから、スレンダーなドレスまでオールマイティですが、その分バランスが大切になります。どんな大きさにもできるので、ドレスとのバランスに合わせてサイズを決めましょう。

    キャスケードブーケ

    滝(cascade)が流れるようなシルエットのブーケ。上品で正統派なスタイルながら、大ぶりで存在感もあります。特に挙式ブーケに用いられることが多いウェディングブーケの代表格です。

     

    使用する花によって清楚なイメージにも、ゴージャスなイメージにもなります。ブーケの中では長さのあるスタイルなので、大輪の花を使用したいならこのスタイルがおすすめです。ブーケ自体にボリューム感があるので、トレーンの長いドレスやボリュームのあるドレスによく似合います。細く長くすればスレンダーなドレスにもマッチします。

    オーバルブーケ

    ラウンドとキャスケードの中間と言ってもいい、楕円形のブーケ。ラウンドブーケと同じように、素材や大きさを変えればいろいろなイメージでつくることができます。

     

    ラウンドと同様に何にでも合わせやすいスタイルですが、ボリュームたっぷりのスカートよりも、ボリューム抑えめのスカートのドレスに合わせるとバランスがいいでしょう。

    可愛らしさと大人っぽさを共存させたような印象を目指す方におすすめです。

    クラッチブーケ

    花を集め、茎を”つかんで(clutch)”束ねる、「花束」そのもののブーケ。花の自然な動きを生かして束ね、茎もそのまま見せてつくることが多いので、シンプルでナチュラルなイメージです。

     

    ドレスもナチュラル、シンプルなものによく似合います。ドレスのスタイルよりも素材や印象に合わせて選べば間違いありません。茎をそのまま見せてつくる場合は花が水を吸えないため他のタイプよりも劣化が早いので、ブーケを持たない間は水につけておくなど鮮度を保てるようにしましょう。

    アームブーケ

    クラッチブーケの一種で、長い茎を生かして束ねた細長いブーケ。腕に添わせるように持つことからアーム(arm)ブーケと呼ばれます。マーメイドのドレスにはこれ!というくらい定番の組み合わせになっていますが、スレンダーなドレスやシンプルなラインのドレスにもよく似合います。

     

    カラーの花を使ったものが代表格で、それと同様に茎が長くてまっすぐな花なら何でもアームブーケにできます。ユリやバラなどを使ってもステキですよ。クラッチブーケと同じく鮮度を保てるように、ブーケを持たない時間は水につけておくなどしておきましょう。

    クレセントブーケ

    しなやかな美しい弧を描いた、三日月(crescent)のシルエットのブーケです。左右非対称な形につくることが多いため、上品な雰囲気と個性的でスタイリッシュな印象が共存しています。ブーケの真下に空間ができるので、スカートの中央部分に刺繍やビジューなどの装飾があるドレスはそれを生かすことができます。

     

    横に長い形状なので、ふわっとしたドレスよりも、スッキリとしたラインや縦のラインを感じさせるドレスの方がバランスを取りやすいでしょう。そして、持ち方が意外と難しいんです。中央で持つだけでなく片手で腰骨の辺りで持ってみるなど、より素敵に見える持ち方を研究してみてください。

    ボールブーケ&バッグブーケ

    ボールブーケは花をボール状に集めたブーケで、ハンドル代わりのリボンや紐がついています。バッグブーケはハンドバッグのような形にしたブーケです。ボールブーケはその形状から和装に合わせるブーケとしてもよく使われています。

     

    どちらも重量感が出るので小ぶりにつくるのがおすすめです。どちらもかわいらしい雰囲気になるので、ドレスも同様のイメージのものに合わせるといいでしょう。

    ブートニア

    新郎の胸元につける花のこと。由来のところで述べたように、新婦のブーケのメインにする花と同じ素材でつくるのが基本です。襟にピンで固定することになるので、重くなりすぎないように似た花を使うこともあります。全身で見てバランスがいい大きさにつくってもらいましょう。

    成功するブーケの打ち合わせのポイント

    ドレスが決まってからブーケの打ち合わせを行います。挙式の1ヶ月前頃が一般的。全身のバランスが大切なので、ドレスを着た写真を必ず持参して、フローリストに見てもらいましょう。ブーケとドレスの相性がいいと、ドレスのデザインをより美しく見せてくれ、体型カバーにも役立ちます。

     

    花に詳しくないし、ブーケをどうやって決めたらいいのかわからないと感じる人も多いようです。花の指定など強い希望がなければ、希望する色と予算をフローリストに伝えれば、その時期の花を使ったブーケを、ドレスや会場装花とのバランスを考えながら提案してくれます。

     

    色や印象は言葉とイメージが人によって異なる場合があるので、資料として画像を集めて持参してみてください。例えばピンクと言っても濃いものから薄いもの、クリアなピンクもあればくすんだピンクもありますよね。どんなピンクが好きなのかがストレートに伝わるのが画像なんです。SNSで気になる色やデザインの写真を保存しておくのが最も簡単な方法です。

     

    色によっては、自然界にあまり存在しないものもあります。青はその代表格で、大輪の青い花を使ったブーケは生花では実現不可能。また、時期によっては希望する花が手に入らないこともあります。そういう花を使いたい!という場合は、着色ができるプリザーブドフラワーや、布でできたアートフラワーを使うのも1つの方法です。最近はドライフラワーを使ったブーケも人気。ずっと美しく咲き続ける生花以外の素材を使うことで、記念の品として手元に残せるメリットも生まれます。

    プリンセスガーデンのドレスの試着では、アートフラワーのブーケを持って、より当日に近い雰囲気を味わっていただいています。そのブーケの形や色もブーケ選びのヒントになるはず。ショップに気になるブーケがあったらリクエストしてくださいね。

     

    ーーーーー

     

    横浜の結婚式場探しは

    地元密着の「横濱結婚式」へ!

     

    HP(お問合せはこちら)

     

    一覧に戻る
  • カテゴリー

    アーカイブ