投稿記事詳細

神社での神前式が素敵!

投稿日:2015-08-06 / カテゴリー:結婚式場探し

皆様こんばんは プリンセスガーデンなび コンシェルジュの伊東です。

夏のイベントといえば、花火大会!どちらかお出かけになられましたか!?

 

日本人で生まれてきたらからにはやっぱり和装で結婚式がしたいと思いませんか!?

本日ご紹介する神社はこちらです。

 

神前式はどんな流れでしているのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。 

ゲストの皆様には2列に並んで頂いて、お二人はゲストの間を通って拍手で祝福をされながら、参進へと進まれます

 

 

そして神前式が、

 

 

一、開式の辞

一、修祓(しゅばつ)お清めのお祓いをしてもらいます

一、献饌(けんせん)神様にお食事をお供えします

一、祝詞奏上(のりとそうじょう)斎主が2人の結婚を神様に報告し、幸福を祈願します。

一、誓いの盃 三々九度というと、聞いた事がありませんか?

神様のお下がりのお神酒でお酒が弱い方は、口をつけるだけで飲まなくても大丈夫なんですよ。

 

 

一、指輪交換

神前式でも指輪交換をされるんですよ

 

 

一、誓いの言葉

新郎新婦が新夫婦として誓いのことばを読み上げます、漢字にフリ仮名がふってあるのでゆっくり読み上げてください

 

 

一、玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串を神前に捧げて、最後に二礼二拍手一礼をします

玉串とは、榊(さかき)の小枝に紙垂(しで)を付けたもので、神と人との意を繋ぐ役目をするものです。神職が玉串を新郎新婦にお渡し、おふたりが一緒に玉串案(たまぐしあん)の前まで進み、玉串の根元をご神前に向けてお供えします。

挙式のリハーサルもございますので、ご安心ください

 

 

 

一、巫女舞奉納

楽人の演奏に合わせて、巫女がお祝いの舞を奉奏し、新郎新婦、ご参列者一同に福をお授けします

 

一、親族固めの盃

両家の結びつきを祝って、新郎新婦と参列者が全員でお神酒を飲みます

 

 

 

いかがでしたでしょうか。少しでも神前式のイメージがわきましたでしょうか?

神社によって少し順番など異なっておりますので、詳しくはコンシェルジュまでお問合せください。

 

神前式の後は披露宴ですね。神前式、披露宴ともに会場をご紹介させて頂きます。

ご相談会のご予約をお待ちしております。⇒TEL:045-228-2801

 

 

一覧へ

電話で相談予約をする

※諸事情によりHPに載せられない会場も多々あります。お気軽にお問い合わせください。

045-681-4323

WEBから相談予約をする

相談予約フォームはこちら

アクセス

JR関内駅南口より徒歩5分
〒231-0026 横浜市中区寿町2-6-10
Google Mapで見る